上田商店の歴史





昭和29年 創業者である上田友治が、雑貨屋を開いたのが上田商店の始まりでした。
その後、昭和49年に息子である久和が店主となり、当時一般家庭で作られていた冬の名産品「きんこ」の商品化にむけて研究を始めました。
「家庭のおやつ」ではなく、「商品」として製造し志摩地域以外の方にも食べてもらいたい―。
この思いから、上田商店のきんこ作りがスタートしました。

三重県でも南部に位置する志摩市。
上田商店のある安乗地区は、岬特有の寒風がふきますが気候は冬でも比較的温暖です。
この温暖な志摩で、なおかつ水分量の多い「煮切干製法」の干し芋を衛生的にたくさん作る不可能な現実に店主は直面したのでした。



生産当初は幾度となく失敗を繰り返してきました。
しかし店主はあきらめませんでした。
度重なる失敗と向き合い、その失敗を糧に1から学びなおし、ひとつひとつの工程を改良、改善しました。
そして、安定生産を可能にするために設備の導入をしました。




こうして、はじめて「おやつ」でなく「商品」として温暖な志摩の地で、煮切干製法の干し芋を量産できる体制が整いました。昭和55年の事でした。

その後、県内外の市場を中心に出荷がはじまり全国の皆さんにお届けできるようになりました。
そんな店主の口癖は「日進月歩」。
まだまだ現状で満足していません。
常に食の安全を、さらにいい商品を作りたいと考えております。
(現在当商店では、商品名を「きんこ芋」としております。)
〒517-0507
三重県志摩市阿児町安乗1076-2
TEL: 0599-47-3517
メールでのお問い合わせ kinkoimokoubou@gmail.com
代表 上田圭佑
販売担当 上田麻衣 志摩の地で干し芋「きんこ芋」を製造しております。志摩地方で古くより作られてきたほしいも「きんこ」は海女や漁師のミネラル源として親しまれてきました。「きんこ」という呼び名は 干しナマコ「金ん子」からきています。漁村ならではの一風変わった呼び名です。上田商店では 原料であるハヤト芋から自社生産しており、芋本来の甘さを大切にし独自の製法で製造しております。 商品を通して、私たち生産者の気持ちが伝われば幸いです。


  Check